Below is my unofficial translation of Jack Ma’s speech on October 24 at the Bund Finance Summit in Shanghai based on a Chinese transcript, with minor edits for clarity and speechifying. To read some of my deep dive analysis on the speech and its broader implications, please check out: "Jack Ma, P2P Lending, Responsibility, Legacy", "Alibaba and Antitrust with Chinese Characteristics", and "Google, Alibaba, Global Antitrust Standard."

Please also see our English translation of speeches by Zhang Yiming of ByteDance and Morris Chang of TSMC.

以下是马云10月24日在上海外滩金融峰会上的演讲的非官方英文版。全篇的演讲值得一读,可以在这里看全文,在这里看视频。想看我对这套演讲的各方面影响的深度分析,请读《马云,P2P借贷,责任,留给社会的遗产》,《阿里巴巴与有中国特色的反垄断》,《谷歌、阿里巴巴、全球反垄断标准》。


Thank you for inviting me to this Summit. I am delighted to have this opportunity to learn, discuss, and exchange ideas together with you. In 2013, also in Shanghai, I came to the Lujiazui Finance Summit and shared some “pie in the sky” views about Internet-powered finance. Seven years later, today I'm back in Shanghai as an unofficial non-professional person here at the Bund Finance Summit, hoping to share more ideas for you to ponder.

Actually, I was quite torn about whether to speak here today. But I think there is one thing that is incumbent upon this group of people, and that is the responsibility to think about the future, because although the world has left us many opportunities for development, there are really only one or two critical opportunities. This is a most critical moment.

So I come here to share some of my own thoughts and views, which are the result of our own practical experience in the last 16 years, plus discussions and research I have had with scholars, experts, and practitioners from all over the world, during the period when I was honored to be the co-chair of the UN High-Level Panel on Digital Cooperation and an advocate for the UN Sustainable Development Goals (SDGs).

I’m basically retired at this point, so I thought I'd speak freely at this unofficial forum and share the non-professional views of a non-professional person. Fortunately, I've discovered that many professionals no longer speak about their professions anymore.

I have three points of view for you to consider. They may be immature, incorrect, or laughable. Just give them a listen, if they make no sense, just forget about them.

The first point of view is we have some inertia in our thinking, like we always feel that in order to keep pace with international standards, we must do what developed countries like Europe and the United States have done. If we don’t have something they have, the so-called “blank spot”, we must fill those blank spots domestically. Filling these spots has become the goal to pursue.

I have always felt that, given this year's situation, the phrase to “fill the blank spot” is problematic. Just because Europe and the United States have something does not mean that thing is always advanced and worth having ourselves. In fact, today, we should not be concerned about what things to align with, which country's standard to adapt to, what blank spots to fill. Today, we have to think about how to align with the future, how to adapt to the future’s standard, how to fill the future’s blank spots. We have to figure out what the future will be, and what we really want to do, and then look at how others do it. If we always repeat the language of others, discuss topics defined by others, we will not only be lost in the present, but also miss the future.

After World War II, the world needed to restore economic prosperity. The establishment of the Bretton Woods system was an enormous catalyst to the global economy. Later, after the Asian financial crisis occurred, the Basel Accords talked about risk control, which has been gaining more and more attention, to the point that it became an operational standard for risk control. Now the trend is, the world is talking more and more just about risk control, not development. Very few people talk about where the opportunities are for young people, for developing countries.

This, in fact, is the root cause of many of the world's problems today. We also see today that the Basel Accords have put great limitations on Europe’s ability to innovate as a whole, for example, in digital finance.

Basel, more like a seniors club, is about solving the problem of an aging financial system that has been operating for decades, and Europe’s aging system is extremely complex. But the problem in China is the opposite: it is not a problem of systemic financial risk, because China's financial sector basically doesn’t have a system. Its risk is actually a "lack of financial system."

China's financial sector, like other developing countries that have just grown up, is a young industry that does not have a mature ecosystem and is not fully moving. China has many big banks. They are more like big rivers or arteries in our body’s circulatory system, but today we need more lakes, ponds, streams and tributaries, all kinds of swamps. Without these parts of the ecosystem, we will die when we are flooded, and die when we are in a drought. So, today we are a country that bears the risk of lacking a healthy financial system, and we need to build a healthy financial system, not worry about financial systemic risks.

They are like two completely different diseases, like Alzheimer's disease and polio. Both look similar at first glance but are two totally different illnesses. If a child takes Alzheimer's medication, he or she will not only get the old person’s disease, but a lot of other strange diseases as well.

The Basel Accords is designed to treat the diseases of the elderly with an aging system and over-complexity, and what we have to think about is what can we learn from the elderly? You must remember, older people and younger people care about different issues. Younger people care about whether there are schools, older people care about whether there are hospitals.

So, the way the world is changing this year is fascinating and very fast. Last night in Shanghai, we decided on the pricing of Ant’s IPO. This is the largest listing ever priced in the history of the entire human race, and the pricing happened in a place other than New York City. This was unthinkable five years ago, even three years ago, but miracles happen.

Second, innovation must come at a price, and our generation must take on that responsibility.

President Xi once said, "success does not have to come from me." I understand this phrase to be about a sense of responsibility. It’s about taking responsibility for the future, for tomorrow, for the next generation. Many of the world's problems today, including China's, can only be solved by innovation. However, for real innovation to happen, no one will show you the way, and someone must shoulder that responsibility, because innovation is bound to make mistakes. But the question is not how not to make mistakes, but whether we can perfect and correct them after making mistakes and persistently innovate. To make risk-free innovation is to stifle innovation, and there is no risk-free innovation in this world. Oftentimes, managing risk down to zero is the biggest risk.

When the battle of Red Cliff was fought, I believe Cao Cao’s act of connecting all the ships together was the first instance of an aircraft carrier, in China and the world, but after a fire burned it all down, for a thousand years, the Chinese people didn't dare to think about it again. Once they thought about that fire, who still wanted to make a bigger ship, who could still have this kind of system-level thinking?

Seven or eight years ago, also in Shanghai, I mentioned this concept of Internet-powered finance. We have always emphasized that Internet-powered finance must have three core elements: first, it must have rich data; second, it must have risk control technology based on rich big data; and third, it must have a credit-based system built on big data.

Using these three criteria to evaluate, we can see that P2P is not Internet-powered finance at all, but today we cannot negate the innovation that the Internet has brought to finance just because of P2P. In fact, let's think about it, how can there be thousands of Internet-powered finance companies in China within a few years? Shouldn't we examine what gave birth to thousands of “Internet-powered finance”, the so-called P2P companies?

Today, it's really difficult to regulate ourselves; it's hard to conduct regulation everywhere around the globe. Innovation mainly comes from the marketplace, innovation comes from the grassroots, innovation comes from young people. Regulatory challenges are getting bigger and bigger. In fact, jian [editor's note: English word is “supervision”, the first character in the word for “regulation” in Chinese] and guan [editor's note: English word is “management”, the second character in the word for “regulation” in Chinese] are two different things. "Supervision" means watching you as you develop and paying attention to your development. “Management” means intervening when there is a problem or when there is a foreseeable problem.

We are very good at “management”, but our “supervision” ability is sorely lacking.

Good innovation is not afraid of regulation, but is afraid of being subjected to yesterday's way to regulate. We cannot use the way to manage a railway station to manage an airport. We cannot use yesterday's way to manage the future.

"Supervision" and "management" are not the same, “policies” and “documents” are also not the same. This isn’t allowed, that isn’t allowed, those are all called “documents”. Policy is institution-building to incentivize development. Today, the entire world and especially China needs more "policy experts", not “document experts.”

Policy making is a technocratic job to solve systematically complex problems. And I would like to share with you what we did at Taobao to solve systemically complex problems.

Seventeen years ago, we had no technology, no data, and an inaccurate judgment about what the future would be, so we made a lot of rules about this not being allowed and that not being allowed. But today, we are able to solve these systemic problems with technology. However, our young people today, like regulators, always like to produce all kinds of new policy documents that don’t allow this and don’t allow that. Later, I came up with a solution called "plus one, minus three": if you want to add a rule, you must subtract the previous three rules. This way, our document got shorter and shorter. If you don’t reduce the number of rules, then your rules and regulations will get thicker and thicker, which forces everyone to break a rule, to make a mistake, and we all get confused.

Theories and systems are also different, experts and scholars are also different. We, as a country, often conflate scholars and experts. An expert’s expertise comes from doing, he is very good at doing the work, but not necessarily good at summarizing.

Many scholars, they don’t do the actual work, but can summarize and form theories from the work of others. Only when experts and scholars are combined, only when theory and practice are combined, can we really innovate and solve the problems of today and tomorrow. I believe we need theories derived from practice, not practice based on theories that came from an office.

A lot of P2P is practice based on office theories. I think and firmly believe it's more important to properly learn the big lesson that P2P has taught us, and not deny the entire Internet technology, let alone repeat the practices of office theory.

I think there is another phenomenon. Many regulatory authorities around the world have become zero risk, their own departments have become zero risk, but the entire economy has become risky, the whole society has become risky. The competition of the future is a competition of innovation, not a competition of regulatory skills. Now, each country’s regulation is more ruthless than the next, all the development is a mirage, but by not allowing it, each cut is bloody.

Based on my understanding, what President Xi said about “enhancing governing ability” means to maintain healthy and sustainable development under orderly regulation, not no development due to regulation. It is not difficult to regulate. What’s difficult is to deliver regulation that achieves the purpose of producing sustainable and healthy development.

The third point: the essence of finance is credit management. We must change the pawnshop mentality of today's finance and rely on the development of a credit-based system.

Today's banks continue to have a pawnshop mentality. Collaterals and warranties are pawnshops. This was very advanced once upon a time. Without innovations like collaterals and warranties, there would be no today's financial institutions, and the development of the Chinese economy over the past 40 years could not have continued until now.

But the reliance on assets and collateral qualifications can be taken to the extremes. I am the chairman of the China Entrepreneur Club and also the president of the Zhejiang General Chamber of Commerce. I talk to many entrepreneurs. China's pawnshop mentality is severe, and it also affects many entrepreneurs, especially entrepreneurs who have collateralized all their assets. The pressure they bear is very high, and when the pressure is high, your action gets deformed.

There are also some people, who unscrupulously take out loans and constantly increase their leverage, taking on more and more debt. As we all know, borrow 100,000, you are afraid of the bank; borrow 10 million, both you and the bank become a bit panicked; borrow 1 billion, the bank is afraid of you. There is another habit, banks like to give loans to good companies, companies that don’t need money. They desperately want to loan these companies money. The result is lots of good businesses become bad businesses. They diversify their investments, even transferring this money out to do things that are completely unsuitable for them. Too much money can get you into a lot of trouble.

Collateralization with a pawnshop mentality is not going to support the financial needs of the world's development over the next 30 years. We must replace this pawnshop mentality with a credit-based system rooted in big data using today's technological capabilities. This credit-based system is not built on traditional IT, not based on a personal relationship-driven society, but must be built on big data, in order to truly make credit equal wealth. Even the beggar must have some credit, without credit, you can't even beg for food. I think every beggar is (can be) creditworthy.

Finally, I think the world today is desperately waiting for a new financial system that is truly designed for the future.

Today's financial system is a product of the Industrial Age, a comprehensive financial system designed to address the needs of industrialization and to fulfill the two-eight theory. What is the two-eight theory? It's about investing in the 20% to solve 80% of the problem. And the future of the financial system is about the eight-two theory, helping 80% of small businesses and young people to drive the other 20% of people. We must transition from the old way of people looking for money, businesses looking for money, to money looking for people and money looking for good businesses. The only standard to evaluate this system is whether something is universal, inclusive, green, and sustainable. The cutting-edge technologies backing this standard, like big data, cloud computing, and blockchain are already ready today to take on this huge responsibility.

Ladies and gentlemen, even after World War II, people at that time did not have a far enough vision to design a good financial system for the future and for future generations. We have the responsibility and thinking today to build a financial system that truly belongs to the future, belongs to the young people and the next generation, belongs to this era. Today, it’s not that we cannot do it, but we don't want to do it. Today, our technological development has empowered us to accomplish all of these things, but unfortunately, many people don’t want to do it.

The global financial system must be reformed today, otherwise it is not just a matter of lost opportunities, but of leaving the world potentially in more chaos. It is normal for innovation to be ahead of regulation, but when innovation is too far ahead of regulation, when innovation’s richness and depth is far beyond regulator’s imagination, it is no longer normal, and society and the world will be thrown into chaos.

Take digital currencies for example, if we apply a futuristic vision, it would be at the very core of building a financial system the world needs 30 years from now. It's true that today's finance doesn't need digital currencies, but it will need them tomorrow, it will need them in the future, thousands of developing countries and young people will need them, and we should ask ourselves, what real problems are digital currencies going to need to solve in the future?

The digital currency of ten years from now and the digital currency of today may not be the same thing at all, and we should not look for this digital currency from the past, from a regulatory point of view, from a research institution, but from the market, from demand, from the future. There is a lot at stake in this matter. Our research institutions should not be policy institutions, nor should policy institutions rely only on their own research institutions. Because the digital currency system is a technology problem, but not only a technology problem. It’s also a solution to future problems. Digital currencies may redefine money, although the main function of money is still there, but it will definitely redefine money, just like the iPhone redefined the mobile phone, making phone calls is only one of the functions. Today’s digital currency is far from maturity to compete for standards, it’s still creating value. It's time to think about how to build a new type of financial system through digital currency, to think about the future for the entire world, to think about how global trade will get done, and even more so to think about how the world can have a digital currency built on top of battle-tested technology. It's really about solving the problem of sustainable, green and inclusive world trade.

So I would like to conclude by saying that today’s human society has reached a most critical juncture. Never underestimate this pandemic. This pandemic is a force that is pushing back human progress, no less than World War II.

In terms of finance itself, the United States is continuing to inject cash to the rest of the world, and especially to Wall Street, and other countries are following suit. Have we all thought about the consequences that will happen next? The impact is far greater than all the technical aspects that we discussed today.

We cannot simply oppose many of the world’s international organizations today, but must rethink their value in today’s world together, whether it's the UN, the WTO, or the WHO. There are really a lot of problems with these organizations. I have dealt with, worked with, and collaborated with all of these organizations. Eliminating them is not the solution. We should think about how these organizations can face the future, evolve, and reposition themselves.

A new financial system is the way of the future. Whether we like it or not, it will be formed. Whether we do it or not, someone will do it. In the future, I believe, reform will require sacrifice, there will be a price to pay. Our generation has to do this kind of reform, but it may only be visible to the next generation. We may be the one who must carry this burden forward. This is a historical opportunity and a historical responsibility. Over the past 16 years, Ant Financials has centered around green, sustainable and inclusive development. If green, sustainable and inclusive finance is the wrong thing to do, we will continue to make this mistake, again and again.

END

(For those who can listen to Chinese with a Hangzhou flavor, here's a video of the speech.)

If you like what you've read, please SUBSCRIBE to the Interconnected email list. To read all previous posts, please check out the Archive section. New content will be delivered to your inbox (twice per week). Follow and interact with me on: Twitter, LinkedIn.

马云10月24日在上海外滩金融峰会上演讲的全文以及视频。想看我对这套演讲的各方面影响的深度分析,请读《马云,P2P借贷,责任,留给社会的遗产》,《阿里巴巴与有中国特色的反垄断》,《谷歌、阿里巴巴、全球反垄断标准》。

ジャック・マーの外灘金融サミットスピーチ全文

Interconnectedはオリジナルの記事や考え方を重視しているので、通常は翻訳はやりません。しかし私は、10月24日に上海で開催された外灘金融サミットでのジャック・マーのスピーチについては、英語版を提供せざるを得ないと強く感じました。それは、このスピーチと、続くアントグループのIPO中止に関する主流メディアの報道は不十分で、単純化されているからです。このスピーチは、全体像をより深く理解するために、全文を読む価値があります。以下は、中国語の書き起こし原稿をベースに、明瞭性と冗長性を少しだけ編集した、私の非公式翻訳です。このスピーチとその幅広い意味合いについての私の詳細解説をお求めの方は、「ジャック・マー、P2Pレンディング、責任、レガシー」「アリババと中国的な独占禁止規制」「Google、アリババ、世界の独占禁止のスタンダード[日本語未訳]」の各記事も参考にしてください。


本サミットにご招待いただき、ありがとうございます。皆さんと一緒に学び、議論し、意見を交換する機会を得られたことを嬉しく思います。私は2013年にも、ここ上海で開かれた〈陸家嘴金融サミット〉に参加し、インターネット金融についての奇想天外な意見を述べました。それから7年後の今日、非公式の門外漢としてこの上海の外灘金融サミットに戻ってきました。今日は、皆さんと一緒に考えるためのアイデアをお話ししたいと思います。

実は、今日ここで話すかどうか、かなり迷いました。しかし思うに、我々のような人間の義務はただ一つしかありません。それは、未来について考えるという責任です。我々はこの世界からたくさんの成長の機会を享受してきましたが、本当に重要な機会というのは1、2回ほどしか訪れないのですから。そして、現在が最も重要な時なのです。

なので私はここに来て、私自身の考えや見解をいくつか共有することにしました。これらは過去16年間の実務経験に加え、国連の「デジタル協力に関するハイレベルパネル」共同議長や「持続可能な開発目標(SDGs)アドボケート」を務めさせていただいた際に、世界中の学者・専門家・実務家と議論や研究を積み重ねた結果です。

現在、私は基本的に引退済みなので、この非公式なフォーラムで自由に発言し、門外漢の非専門的な見解を共有しようと考えていました。幸いなことに、ここに来て気づいたのですが、多くの専門家は今どき、自分の専門をもはや語らなくなってしまったのでしょうか。

さて、皆さんに考えていただきたいのは、私がこれから話す3つのポイントです。これらは未熟であるかもしれないし、間違っているかもしれないし、噴飯ものかもしれません。まあ、とりあえず耳をお貸しください。もし全くナンセンスだと思うのであれば、忘れていただいて結構です。

第一のポイントは、我々の思考の惰性について、例えば、国際基準に追いつくために、欧州や米国のような先進国が行ってきたことを真似しなければならないといつも感じていることです。もし欧米に範たるべきものが無いような場合、それはいわゆる「空白」と呼ばれていますが、我々はそれを中国国内で埋める必要があります。今ではこうした空白を埋めることが、追求すべき目標になってきました。

今年起きたことを省みる中で、「空白を埋める」という言葉には問題があると常々感じてきました。欧米が何かを持っているからといって、それが常に先進的で、我々にとっても持つべき価値があるとは限りません。こんにち、何に合わせるか、どの国の基準に合わせるか、どの空白を埋めるかといった事柄にこだわるべきではありません。我々がなすべきは、未来がどうなるのか、我々が本当にやりたいことは何なのかを把握し、その上で他の人々がどうやっているのか注視することです。いつまでも他人の言葉を繰り返し、他人が定義した話題を議論していれば、現在地を見失うだけでなく、未来をも逃すことになります。

第二次世界大戦後、世界は経済的な繁栄を取り戻す必要がありました。ブレトン・ウッズ体制の確立は、グローバル経済にとっては巨大な起爆剤でした。その後アジア金融危機を経て、バーゼルで議論されたリスク管理は注目を集め、バーゼル合意はその運用基準になりました。現在の世界は、開発ではなく、リスク管理ばかりを話し合うようになっています。若者や発展途上国のチャンスについて話す人々はほとんどいません。

実際、これが今の世界の問題の多くの元凶となっています。そしてまた、デジタル金融を始めとする欧州全体のイノベーションの可能性にとって、バーゼル合意は大きな足かせとなっています。

バーゼルは、どちらかというと老人クラブのようなもので、何十年も使われてきた金融システムの老朽化の問題を解決しようというものであり、そして欧州の老朽化したシステムは非常に複雑です。しかし、中国には正反対の問題が存在します。中国の金融業界は基本的にシステムというものを有していないため、問題はシステミックリスクではありません。実は「金融システムの欠如」こそがリスクなのです。

中国の金融業界は、他の新興発展途上国のそれと同様、成熟した生態系を持たない若い産業であり、完全に作動したことはありません。中国にはあまたの大手銀行があります。大手銀行は大河や、また我々の人体の血液循環における動脈のようなものですが、我々がこんにち最も必要としているのは、湖や池、小川や支流、そしてあらゆる種類の沼です。生態系にこうした要素がなければ、我々は洪水が来れば溺死し、干ばつの時は餓死することになります。つまり今の我々は、健全な金融システムの欠如というリスクを背負っている国なのであり、我々がやるべきことはシステミックリスクの心配ではなく、健全な金融システムの構築です。

これら2つは、アルツハイマー病と小児麻痺のように、全く異なる2つの病気のようなものです。一見どちらも似ているようですが、全く別の病気です。子供がアルツハイマーの薬を飲めば、高齢者のような病を発症するだけでなく、いろいろな変な病気が出てくるものです。

バーゼル合意は、老朽化したシステムを持ちまた複雑になりすぎた高齢者の病気を治療するためのものですが、我々が考えなければならないのは、高齢者から何を学べるかということです。高齢者と若い人は、それぞれ別の課題を気にしているということを忘れてはいけません。若い人は学校があるかどうかを気にし、高齢者は病院があるかどうかを気にするものです。

そんな中、今年の世界の変化の仕方はなんとも不思議で、非常に早く進んでいます。昨夜、上海において、我々はアントのIPOの公募価格を決定しました。これは全人類の歴史の中で最大の株式上場であり、そしてその価格決定はニューヨーク以外の場所で行われました。これは5年前、いや、3年前ですら考えられないことでしたが、奇跡は起こるのです。

第二のポイントは、イノベーションには対価が必要であり、そしてその責任は我々の世代が負わなければならないということです。

習近平国家主席はかつて「成功は必ずしも私のものでなくともよい」と言いました。私は、この言葉は一種の責任を意味するものだと理解しています。未来のため、明日のため、次の世代のために責任を果たすということです。中国を含め、現在の世界の問題の多くは、イノベーションによってしか解決できません。しかし、真のイノベーションを起こすためには、誰もその道を示してはくれませんし、誰かがその責任を負わなければなりません。しかし、問題はどうのように失敗を防ぐかではなく、失敗した後に完璧にして修正し、粘り強くイノベーションを追求できるかどうかです。イノベーションをリスク無しにを行おうとするというのは自殺行為であり、この世にリスクの無いイノベーションなど存在しません。多くの場合、リスクをゼロになるまでコントロールしようとすることが最大のリスクなのです。

かつて赤壁の戦いで曹操が実行した、すべての船を繋ぎ合わせるというアイデアは、中国でも世界でも史上初の空母だったと思います。しかしそれが火で焼き尽くされてしまった後、千年もの間、中国人がこれを考え直すことはありませんでした。その火のことを一度でも思い起こせば、誰がもっと大きな船を作ろうと思ったでしょうか? 一体誰がこんなシステム的な思考を持ちえたでしょうか?

私は7、8年前にも上海で、インターネット金融という概念について話しました。我々は、インターネット金融には次の3つの要素が不可欠だと強調してきました。1つ目は豊富なデータ、2つ目は豊富なビッグデータを基にしたリスク管理技術、3つ目はビッグデータを基にした信用システムです。

この3つの評価基準を使って評価してみると、P2Pは全くインターネット金融ではないことがわかります。しかし今では、P2Pがあるからといって、インターネットが金融にもたらしたイノベーションを全否定することはできません。考えてみましょう。ここ数年で、中国にインターネット金融の企業が数千社も誕生できたのはなぜでしょうか。我々は、いわゆるP2P企業と呼ばれる「インターネット金融」が何によって数千社も誕生したのかを検証すべきではないでしょうか?

[訳註:中国におけるP2P金融ブームの背景については、著者による別記事「ジャック・マー、P2Pレンディング、責任、レガシー」も参照。]

現在、規制をきちんと行うのは我々にとって本当に難しく、また世界中のどこでも難しくなっています。イノベーションは主に市場から生まれ、末端から生まれ、若者から生まれるものです。規制における課題はどんどん大きくなっています。

実際には、「监」と「管」[中国語で規制を意味する「监管」(監管)のそれぞれの字]は、異なる概念です。「监」[監督]とは、あなたの成長を見守ることであり、あなたの成長に関心を持つことを意味します。「管」[管理]とは、問題があるとき、あるいは予見可能な問題があるときに介入することを意味します。

我々は「管理」は得意ですが、「監督」の能力が非常に不足しています。

優れたイノベーションは規制を恐れないものですが、昨日のやり方で規制されることについては恐れています。鉄道駅を管理する方法を、空港を管理する方法に使うことはできません。昨日の方法を、未来を管理するために使うことはできないのです。

「監督」と「管理」が同じではないように、「政策」と「文件」[文書]も同じではありません。これはいけない、あれはいけない、といったことはすべて「文書」の名の下に行われます。政策とは、開発を奨励するための制度構築です。今、世界全体、特に中国に必要なのは、「文書の専門家」ではなく「政策の専門家」です。

政策立案は、複雑なシステムの問題を解決するというテクニカルな仕事です。私自身が、タオバオにおいて複雑なシステムの問題を解決するために行ったことを皆さんに共有したいと思います。

17年前、我々には技術もデータもなく、未来に関する判断は不正確だったので、これはダメ、あれはダメという決まりをたくさん作っていました。しかし今では、こうしたシステム的な問題はテクノロジーで解決できるようになりました。ただ、今の若い人たちはまるで規制当局のように、これは許可できない、あれは許可できないというような新しい政策文書を好んで作りたがります。その後、私は「プラス1、マイナス3」という解決策を思いつきました。もし規則を1つ作りたければ、既存の規則3つを削除しなければいけないというやり方です。こうすることで、我々の文書はどんどん短くなっていきました。規則の数を減らさないと、規則や規制がどんどん分厚くなって、様々な人がルールを破ったり、ミスをしたりせざるを得なくなり、皆が混乱してしまいます。

理論と制度もまた異なるものですし、専門家と学者も違います。我々の国家は、学者と専門家を混同しがちです。専門家の専門性はその仕事から生まれるものであって、仕事をするのは得意ですが、まとめるのも得意であるとは限りません。

多くの学者は、実際に仕事をせずとも、他の人の仕事を要約することによって理論を形成することができます。専門家と学者、理論と実践が組み合わされて初めて、真のイノベーションが起き、今日や明日の問題を解決することができるのではないでしょうか。我々に必要なのは、実践から生まれてきた理論であって、オフィスの中での理論から生まれてきた実践ではないと思います。

P2Pの多くは、オフィスの理論に基づいた実践です。私が考え、また固く信じているのは、インターネット技術全体を否定したり、オフィス理論の実践を繰り返す必要は全くなく、P2Pが教えてくれた大きな教訓をきちんと学ぶことの方が重要だということです。

そしてもう一つ、このような現象があるように感じます。世界中の多くの規制当局が、自らの組織のゼロリスク化を遂げましたが、経済全体はリスキーになり、社会全体もリスキーになってしまいました。これからの競争は、規制力の競争ではなく、イノベーションの競争です。今、各国の規制は次から次へと冷酷さを増しています。すべての成長は蜃気楼のように空虚ですが、それは許さないといって、血みどろの戦いが繰り広げられています。

私の理解では、習主席の言う〈統治能力の強化〉とは、秩序ある規制の下で健全かつ持続可能な発展を維持することを意味しており、規制のために発展を止めるということではないのです。規制は難しいことではありません。難しいのは、持続可能で健全な発展を生み出すという目的を達成するような規制を実施することです。

さて、第三のポイントは、金融の本質は与信管理であるということです。我々は現在の金融における質屋メンタリティを変革し、信用システムの発展に頼っていかなければなりません。

今の銀行は、質屋的発想から脱却できずにいます。抵当や担保はすなわち質入れです。昔は、これは非常に先進的でした。抵当や担保のようなイノベーションがなければ、今日の金融機関は存在せず、過去40年間の中国の経済成長が現在まで続くことはなかったでしょう。

しかし、資産や抵当資格に頼ると、極端なことになりかねません。私は中国企業家倶楽部の会長であり、浙商総会[浙江省の実業家団体]の会長でもあるので、多くの起業家と話をする機会があります。中国の金融業界の質屋メンタリティは深刻で、多くの起業家たち、特に、全資産を抵当に入れている起業家に影響を与えています。彼らは非常に強いプレッシャーに直面しているわけですが、人は、あまりにも大きなプレッシャーがかかると、行動がいびつになってしまうものです。

また、無節操に金を借り、レバレッジを上げ続けて、どんどん借金を背負っていく人もいます。誰でも分かることだと思いますが、10万借りるとあなたは銀行を怖がるようになり、1000万借りればあなたも銀行も少し慌てるようになり、10億も借りれば銀行があなたを怖がります。また、銀行はお金を必要としていない優良企業に融資をしたがる癖があります。銀行は、必死になってこうした企業に融資を持ちかけます。その結果、たくさんの良い企業が悪い企業になってしまうのです。彼らは分散投資をするようになり、自分たちには全く適さないことをするためにお金を外に移してしまうことさえあるのです。お金をあまりに持ちすぎるのもトラブルの元です。

担保という質屋的な発想では、今後30年間の世界の発展に必要な資金需要を支えることはできません。我々は、この質屋メンタリティを、現代技術を駆使したビッグデータを基にした、信用システムに置き換えなければなりません。この信用システムは、伝統的なITで作られたものではなく、コネ社会に基づいたものでもなく、ビッグデータの上に構築され、信用を真の意味で平等な富にしなければなりません。物乞いですら、ある程度の信用がなければ食べ物を乞うこともできないのです。私は、すべての物乞いには信用力がある(ありえる)と考えています。

最後に、私が思うに、今の世界は、真に未来のために設計された新しい金融システムを切に待ち望んでいます。

こんにちの金融システムは、産業革命時代の産物です。工業化のために作られた総合的な金融システムにより、〈二八理論〉が生まれました。二八理論とは何でしょうか? それは、問題の80%を解決するために、20%に投資するということです。そして、未来の金融システムは、8割の中小企業や若者が残りの2割の人たちを動かすのを助けるという〈八二理論〉を実現するものになります。人がお金を探し、企業がお金を探すという旧来のやり方から、お金が人を探し、お金が良い企業を探すというやり方に移行しなければなりません。このシステムを評価するための唯一の基準は、普遍的で、インクルーシブで、グリーンで、持続可能なものかどうかということです。この基準を支えるビッグデータ、クラウドコンピューティング、ブロックチェーンのような最先端のテクノロジーは、今すでにこの巨大な責任を担う準備ができています。

皆さん、人類は、第二次世界大戦後に至るまで、未来とその世代のために良い金融システムを設計するという長期ビジョンを持っていませんでした。今の我々はまさに、未来に属し、若者や次の世代に属し、そしてこの時代に属した金融システムを構築する責任と考え方を持っています。今、我々はそれができないのではなく、やりたくないのです。こんにち、技術開発のおかげで、これらすべてを達成することは可能なのですが、残念ながら多くの人々はそれをやりたくないのです。

現在の世界の金融システムには改革が必要です。さもなくば、機会を失うのみならず、世界のさらなる混乱を招く可能性があります。イノベーションが規制に先んずるのは正常ですが、イノベーションが規制の先を行きすぎて、その豊かさや深さが規制者の想像をはるかに超えてしまったとき、それはもはや正常ではなく、社会や世界はカオスに陥ってしまうでしょう。

デジタル通貨を例にとると、未来の視点から言えば、それは30年後に世界が必要とする金融システムの核心部分になるでしょう。確かに、こんにちの金融にデジタル通貨は必要ありませんが、明日には、未来には必要になります。いずれは何千、何万もの発展途上国や若者にとって必要になるでしょう。我々は、デジタル通貨が将来的にどのような現実の問題を解決するべきなのか、自問しなければなりません。

10年後のデジタル通貨と今のデジタル通貨は、根本的に違うものになるかもしれません。我々はこのデジタル通貨を過去や、規制上や、研究機関の視点からではなく、市場、需要、そして未来の視点から探求すべきです。このことは多くの問題と関係しています。我々の研究機関は政策機関となるべきではなく、また政策機関は自前の研究機関だけに頼るべきではありません。なぜなら、デジタル通貨システムはテクノロジーの問題であるものの、テクノロジーだけの問題ではないからです。それはまた、将来の問題の解決策でもあるのです。通貨の主な機能は不変かもしれませんが、iPhoneが携帯電話を再定義し、電話を数ある機能の1つにしてしまったように、デジタル通貨が通貨を再定義することは間違いないでしょう。現在のデジタル通貨はまだ規格争いができるほど成熟していませんが、それでも価値を創り出してはいます。デジタル通貨による新たな金融システムをどう構築するかを考え、世界全体の未来を考え、グローバル貿易の行く末を考え、さらには試行錯誤されたテクノロジーによってデジタル通貨が構築されているがどうか考えなければならない時期に来ているのです。これこそ、持続可能で、グリーンで、インクルーシブな世界貿易の問題を本当に解決する道なのです。

最後に、こんにちの人類社会は最も重要な岐路に立っているということを述べて、結びとしたいと思います。このコロナ禍を決して過小評価してはいけません。このコロナ禍は、第二次世界大戦と並ぶほどに、人類の進歩を押し戻させるような力になっています。

金融それ自体に関して言えば、米国は世界各地や、特にウォール街に現金を注入し続けており、他の国々もこれに追随しています。我々は、この後に続く結果について考えたことがあったでしょうか? その影響は、今日我々が議論している技術的な側面より、はるかに大きいのです。

現在、世界には多くの国際機関があり、それらを単純に否定することはできませんが、国連であれ、WTOであれ、WHOであれ、その今日的な価値を一緒に考え直さなければなりません。こうした組織はたくさんの問題を抱えています。私は、これらすべての組織と取引をし、仕事をし、協力してきましたが、彼らを排除することは解決策たりえません。これらの組織がどのように未来を見据え、どのように改革を行い、どのような位置づけをすべきかを考えるべきではないでしょうか。

新しい金融システムは、未来を指し示しています。好むと好まざるとに関わらず、それは形作られるでしょう。我々がやるかやらないかに関係なく、誰かがやることになるでしょう。未来において、改革には犠牲が必要であり、払わなければならない代償があると思います。我々の世代がそのような改革をしなければなりませんが、その結果は次の世代にしか見えないかもしれません。この重みを背負っていかなければならないのは、我々かもしれません。これは歴史的な機会であり、歴史的な責任でもあります。アントフィナンシャルは過去16年間、グリーンで、持続可能で、インクルーシブな発展を目指して活動してきました。もしグリーンで持続可能なインクルーシブな金融が過ちだったとしても、我々は何度でもその過ちを犯し続けるでしょう。

(杭州風の中国語が聴きとれる方は、このスピーチの動画をどうぞ)

この記事を読んで気にいった方は、ぜひInterconnectedのメーリングリストに登録してください。過去の投稿を読むには、Archiveページを覗いてみてください。新規投稿は週2回、あなたのメールボックスに届きます。TwitterLinkedInでのフォロー・フィードバックもぜひお願いします。